美白を目指す

普段化粧をしていて大事だと言われるケアですが、中でも美白になりたいという願いを持つ人は少なくありません。
化粧後のケアといえば、化粧水と乳液が基本ですが、美白効果のある美容液を加えることによってより美しい肌に近づけることができます。
プラスさせることで潤いも大きく変わってくるため、くすみも少なく肌のトーンを抑える効果もあるといえます。
しかし、美白美容液を使っているかといって必ず肌が白くなるわけではないので、日頃の肌に対する負担を減らすことも大切です。
紫外線をカットする化粧品を使い、日傘やサングラスも効果があるので、まずは肌に対して紫外線ケアを怠らないことから初めていく必要があります。
その上で、美白美容液を使用することで、より効果的に肌を美しく白い肌に近づけるコツが出来るのです。

美白に関する基礎化粧品は今や多く販売されています。美白石鹸から美白化粧水、美白パックと様々な商品があります。
美白美容液に含まれる成分は多様に存在しますが、どの成分が美白に効果があるのか、美容液をゲットする前に理解しておくことが大切です。
基本的に、美白の大敵であるメラニンを予防する成分とできてしまったメラニンを薄める効果のある成分の2種類に分けられます。
この2種類があるだけでも、今の自分の肌に対してどの様な美容液を選べばいいか絞ることができます。
商品を選ぶ際には成分の配合量や情報もしっかり確認してから購入を検討していくことでよち自分の肌に合った美容液をゲットすることが可能になります。
せっかく買ったのに美容成分が1種類しか入ってない場合や、自分の肌に合わない場合を未然に防ぐために成分について理解を深めることは美白への近道になります。

メラニンを予防する成分としてよく使われる成分がアルブチンという成分です。これは、数種類の植物に含まれている成分で、肌に吸収されるとハイドロキノンという成分に変わり、メラニン色素を除去することが特徴です。
アルブチンははだへの刺激も少ないので、美白美容液とうたう商品の多くに使われています。
その他にはエラグ酸というベリー系の植物に入っている成分があります。これはアルブチンのように刺激が少なく、天然の抗酸化物質が含まれているので美白効果を高めることができます。
これらの他にも化粧品会社が独自で開発した美白成分は多くあります。
最近では、コウジ酸といった麹菌からでてきた成分や、動物の胎盤から抽出されるプラセンタエキスなどもあります。

メラニンは気づいた時には肌に発生していることがほとんどですが、つくられてしまったメラニンを薄める効果のある成分もあります。
まずビタミンC誘導体という成分ですが、これは、メラニン生成を抑えるだけではなく、メラニン色素の還元効果もあります。
美白美容液や化粧水に配合されることは多くありますが、誘導体として配合することで、化粧品に配合してもビタミンCのそのままの効果を得ることができます。
しかし刺激が強いため保湿成分も同時に配合されたものを選ばないと、肌の乾燥を招いてしまいます。
他にもハイドロキノンという成分もあります。これは美白効果が非常に高いため、今は低濃度で美容液等に配合されています。

  • 美容液の選び方

      手を頬にそえる女性

      美白を目指して美容液を選ぶ際には選ぶポイントがあります。とくに美容液などの化粧品は使って初めて効果がわかることも多いので、化粧品の口コミサイトでチェックすることでより自分に合ったものを探すことが出来ます。

      Read more

  • 価格帯

      ファンデーション

      美白美容液は様々なメーカーが販売しているので、成分も価格も量も様々です。高いからといって自分の肌に合うとは限りませんので、化粧水や保湿乳液も含めたトータル価格で考えることも大切です。

      Read more

  • 年齢に合った美容液

      タンクトップの女性

      より自分に見合った美容液を使って美白に近づけるためには、使っている年代も理解する必要があります。10代の使っているものを50代で使うといったことがないように、メーカーのホームページなどでしっかりチェックすることは大切です。

      Read more